火が入りました。

部品待ちのイグニッションS/Wは置いといて、点火系統の回路をショート。規定量のエンジンオイル(カストロール クラシックをチョイス。)を補給。プラグのスパークを確認して、フロートチャンバーにガソリン落として、エアーシャッター(チョークだす。)を閉じて、神様に御祈りしてからクランキング。2〜3回のキックで、いとも簡単に目覚めました。コイツは通常の72よりもクランクシャフトからカムシャフト迄の距離が長いンだ。オイラの勘違いで、シリンダーベースに自作スぺーサーを入れてあるからね!77のボアに72のヘッドガスケットを組んじゃったンで、ピストンヘッドにガスケットが干渉しちゃったンだ。ンで、TDC時のピストン位置を調整すべく、スぺーサーの制作となった次第...。コノ1ミリにも満たないスペーサーの御陰で、新品のカムチェーンが使用不可能だったコトが残念...。当然のコト乍らバルブタイミングなンて、とっても合わせ辛い!ヂョイントクリップ掛ける迄、散々悩んだもンなぁ!在庫切れのスパークプラグ(「D○HA」なンて、MD90等の郵政車両以外見た記憶がナイ。)が入荷したら、点火時期の再調整と、アイドリング調整。左右のキャブをシンクロさせたいンだケド、ブラインドプラグがナイ様子。パーツリスト記載のヘッドにゃ、インテークポートの下側がイコライザーパイプで繋がる様子なンだが...。コノ72にゃソレがナイ。ヘッドガスケットだが、スペーサー制作した後77のモノを使用。ンな理由で、『ローコンプレッション』仕様なのだ。あっ!デュフューザー探さンと...。パンチングメタルにグラスウールで許してもらうっきゃナイなぁ!
c0129445_442615.jpg

[PR]

by 5ch32000 | 2007-09-27 04:47 | CL72  

<< コノ時代の。 毎年恒例の。2 >>